【ケノンVSトリア徹底比較】どっちの家庭用脱毛器がオススメ?

全身脱毛梅田

【ケノンVSトリア】効果・料金など徹底比較した結果

 

【ケノンVSトリア】効果・料金など徹底比較した結果に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.【料金】お得なのはどっち?

 

【料金】お得なのはどっち?に関して詳しく説明している画像

 

 

本体価格とランニングコストを比べてみました。

 

 

家庭用の脱毛器は、本体価格の比較も大切ですが、カートリッジやバッテリーなど、使い続けるためにかかる『消耗品の費用』も考える必要があります。

 

では、『本体価格+消耗品代』で比べた時に、ケノンとトリアでは、どちらが安くなるのでしょうか?

 

 

【本体価格&消耗品】の料金比較

ケノン

トリア

本体価格

69,900円

54,800円

消耗品

3,000円
(カートリッジ代)

20,000円
(バッテリー代)

本体+消耗品を1回購入

72,900円
(2,100円安い)

74,800円

本体+消耗品を2回購入

75,900円
(18,900円安い)

94,800円

1ショットあたり

3.69円

5.48円

 

 

 

 

 

トリアは本体価格は安いですが、バッテリー代が高いです…

 


 

ケノンの方が最終的に安い!

 

本体価格だけで比べると『15,100円』高いですが、消耗品のカートリッジ代が安く、1年に1回買うとしても『3,000円』で済みます。しかし、トリアの場合、バッテリー自体を替える必要があるため、『20,000円』も追加の費用が掛かってしまいます。

 

そのため、長く使うほどケノンの方がお得になります。

 

 

 

ケノンの方が『本体代+消耗品代』のトータルで安いのでお得です!

 

 

 

2.どっちが早く『効果』を感じる?

 

どっちが早く『効果』を感じる?に関して詳しく説明している画像

 

 

『ムダ毛が減った』と感じるまでにかかる期間を比較しました。

 

 

『ムダ毛が減った』と感じる期間

ケノン

トリア

期間

5〜6ヶ月

3〜4カ月

脱毛方法

フラッシュ脱毛

レーザー脱毛

痛み

ほとんど痛みがない

痛みが強い

※ 効果には個人差があります。

 

 

トリアの方が早く効果を感じる!

 

トリアは、レーザー脱毛なので、痛みは強いですが、効果を感じるのが『1〜2ヶ月』早いです。痛くても早く効果を実感したい場合は、トリアの方がおすすめです。

 

逆に、『痛いのは苦手…』という場合は、効果の出方は1〜2ヶ月遅いですが、ケノンの方が痛みを感じずに脱毛することができます。

 

 

 

 

 

少しでも早く効果を出したい場合は、トリアが良いです♪

 


 

トリアの方が『1〜2ヶ月』早く脱毛効果を感じることができます!

 

 

 

3.【使いやすさ&特徴】を比較

 

【使いやすさ】を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.ケノンとトリアの特徴は?

 

 

まずは、ケノンとトリアの特徴をまとめました。

 

『ケノン』の場合

 

ケノンは、充電式で使うタイプではなく、コンセントを繋いで使用します。重さは『約130g』で軽いため、ずっと持っていても疲れません。

 

そして、照射面が『たて:2.5p横:3.7p』で表面積が広いため、短時間で広い範囲を脱毛することができます。また、照射レベルを10段階で調節でき、『手動』で打つか『自動』打つか選べます。

 

 

表面積が大きめに関して詳しく説明している画像

 

 

ケノンは、フラッシュ脱毛なのでほとんど痛みはありませんが、照射の前後に保冷剤で冷やすと、ほぼ痛みをほとんど感じません。しかし、照射時の光が眩しいので、目を保護するために付属のゴーグルを付ける必要があります。

 

 

 

『トリア』の場合

 

トリアの場合、充電式で最大『30分』使用することができます。しかし、充電には『最短2時間半』かかってしまうことと、重さが約600gで長時間持っていると重く感じるがデメリットです。

 

また、照射面が『1平方cm』と小さめなので、指・ワキなどピンポイントの脱毛には向いていますが、ひじ下・ヒザ下の広い脱毛には向いていません。

 

トリアの脱毛に関して詳しく説明している画像

 

 

そして、トリアは、照射レベルが5段階で設定することができます。レーザー脱毛なので痛みがケノンより強めです。そのため、肌を保冷剤で冷却してから照射するのがオススメです。

 

ケノンのような眩しさがないので、ゴーグルをつけなくて良いのはメリットの一つです。

 

 

では、どちらの方が使いやすいのでしょうか?

 

 

3-2.使いやすいのはケノン?トリア?

 

 

特徴をもとに、使いやすさの比較すると、このようになります。

 

 

【使いやすさ比較】まとめ

ケノン

トリア

1回の照射範囲

9.25平方cm

1平方cm

重さ

約130g

約600g
×

照射スピード

2〜3秒/1回

1秒未満/1回

次の照射までの時間

約5秒

なし

パワーの調節

10段階

5段階

充電

コンセント式なので不要

30分持つ(フル充電→2時間半)

 

 

ケノンなら『短時間で広範囲』脱毛できる!

 

ケノンの方が軽く、肌に当てる照射面が広いので、短時間で広い範囲の照射をすることができます。広い範囲が脱毛できることで、照射漏れも防ぐことができます。

 

トリアは、ワキ脱毛や男性のヒゲ脱毛には向いていますが、広い範囲を脱毛する場合は、照射面が小さいので、照射漏れをする可能性が高いです。

 

 

また、ケノンなら、1回の照射範囲が広いので、ショット数も少なく済みます。部位別で照射する回数を比べると、このような差があります。

 

 

部位別『ショット数』を比較

ケノン

トリア

両ワキ

6〜8回

200〜250回

両腕

50〜60回

500〜600回

Vライン

10〜20回

200〜300回

両ひざ上

170〜200回

1,200〜1,300回

両ひざ下

150〜170回

1,000〜1,200回

 

 

 

 

ケノンなら、少ないショット数で広範囲が脱毛できます♪

 


 

 

ケノンの方が短時間で広い範囲を照射でき、重さも軽いので使いやすいです!

 

 

 

4.『脱毛NG部位』はある?

 

『脱毛NG部位』はある?に関して詳しく説明している画像

 

 

ケノン・トリアには、脱毛できない部位があります。

 

 

ケノン

トリア

脱毛NG部位

IOライン
目の周り

鼻より上の顔部分
IOライン

 

 

ケノンもトリアも『IO部分』は、色素が濃い部分で粘膜に近くて危険なため、脱毛することができません。また、目に近い部分も危険なので脱毛できません。

 

(※ もし、脱毛して肌トラブルになっても自己責任になってしまいます。)

 

 

 

 

粘膜に近いIO部分や、目の周りはできないので注意です!

 


 

『色素の濃い部分』もNG

 

ケノン・トリアには、火傷などのリスクを減らし、安全に脱毛するために『ほくろ部分』『シミが濃い部分』『日焼け肌』にも脱毛することができません。そのため、ほくろなどには『保護シール』を貼ってから脱毛しましょう。

 

 

ケノンもトリアも『IO部分・目の周り・色素の濃い部位』は脱毛NGです!

 

 

 

5.『保証期間』はどれくらい?

 

『保証期間』はどれくらい?に関して詳しく説明している画像

 

 

購入後の『保証制度』を比べてみました。

 

 

ケノン

トリア

無償保証期間

1年

2年

返金保証

なし

30日間

 

 

 

 

 

トリアなら返金保証もついているんですね♪

 


 

トリアは『30日間の返金保証』と『2年の無償保証』がついているので、保証がしっかりしていて安心です。

 

 

トリアの方が保証制度がしっかりしているので安心です!

 

 

 

6.【結果】ケノンorトリアどっち?

 

【結果】ケノンorトリアどっち?に関して詳しく説明している画像

 

 

家庭用脱毛器は『ケノン』『トリア』どちらがおすすめなのかまとめました。

 

 

ケノン

トリア

料金

効果

使いやすさ

脱毛NG部位

保証

 

 

家庭用脱毛器は『ケノン』がおすすめです!

 

ケノンがおすすめの理由

 

『コストパフォーマンス』『使いやすさ』『脱毛効果』が良く、痛みもほとんどないので、家庭用脱毛器を始めて使う人でも安心して使えるためです。

 

また、消耗品のカートリッジ代も安く、短時間で脱毛できるので、続けやすいこともポイントが高いです。

 

 

トリアの場合、狭い部分の脱毛には適していますが、複数部位を脱毛しようとすると、時間がかかって面倒になる可能性が高いです。

 

 

 

 

コスパが良くて使いやすいから、ちゃんと続けられます♪

 


 

 

『ケノン』はコスパが良く、短時間で広い範囲を脱毛できるのでオススメです!