脱毛前【7つの注意点】自己処理・日焼けetc…注意するポイント解説

全身脱毛梅田

【脱毛前の注意点】7つのポイント解説

 

【脱毛前の注意点】7つのポイント解説に関して詳しく説明している画像

 

 

 

 

1.【日焼け】脱毛中は特に注意

 

【日焼け】脱毛中は特に注意に関して詳しく説明している画像

 

 

日焼けした部分を脱毛すると、火傷をする可能性があります。

 

 

脱毛は、『黒いものに反応する光』を当て、毛根を刺激し、脱毛しています。そのため、日焼けをしてしまうと、光が肌に反応し、火傷の原因になるだけでなく、脱毛効果もなくなってしまうので、脱毛することができなくなってしまいます。

 

 

日焼けNGの理由

@

火傷の原因になる

A

脱毛効果が半減する

 

 

 

 

脱毛期間中は、紫外線対策をしっかりしましょう♪

 


 

日焼け止め・日傘・長袖などで、日焼けを防ぎましょう!

 

 

 

2.【自己処理】シェーバーで前日までに

 

【自己処理】シェーバーで前日までにに関して詳しく説明している画像

 

 

自己処理は前日までに『電動シェーバー』で済ませておきましょう。

 

脱毛前は、火傷や効果の低下を防ぐために自己処理をする必要があります。では、なぜ、カミソリや毛抜きではなく『電動シェーバー』なのでしょうか?

 

電動シェーバーがおすすめの理由

 

電動シェーバーは、刃が直接当たらず、肌に優しい自己処理の方法だからです。ボディ用と顔用の両方を使うと、キレイに処理することができます。

 

ちなみに、Vラインの自己処理の場合は、ヒートカッター(熱線で毛を焼き切る、アンダーヘア用のアイテム)で処理をすると、毛先が丸くなるのでチクチクしづらくなります。

 

 

 

 

 

電動シェーバーなら、肌荒れしないし乾燥を防げます♪

 


 

ちなみに、カミソリは肌に大きな負担をかける自己処理で、乾燥の原因になってしまいます。また、カミソリ負けをすると、脱毛できなくなるので気をつけましょう。

 

特に『毛を抜く』自己処理はNG

 

脱毛の光は、毛根の黒い部分に反応して、ムダ毛を生えないようにしています。そのため、毛抜き・ブラジリアンワックスなど、毛を抜いてしまう自己処理をすると、脱毛効果がゼロになります。

 

そして、ムダ毛を抜く自己処理は『埋もれ毛』の原因になったり、毛嚢炎などの肌トラブルの原因になります。

 

 

脱毛前は、電気シェーバー・ヒートカッターで肌に優しい自己処理をしましょう!

 

 

 

3.【保湿ケア】肌を良い状態に整える

 

【保湿ケア】肌を良い状態に整えるに関して詳しく説明している画像

 

 

肌が乾燥していると、脱毛を断られる可能性があります。

 

乾燥肌で脱毛する『リスク』

 

乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下してしまい、脱毛による刺激を受けやすい状態になっています。そのため、肌が乾燥した状態で脱毛すると、肌荒れしてしまったり、火傷のリスクが高くなるので、脱毛を断られることがあります。

 

 

 

 

乾燥がヒドイ部位は、その部分を避けて照射になります…

 


 

予定通りに脱毛をするためにも、日頃から、お風呂上りにクリームなどで保湿を心がけましょう。また、脱毛後も保湿ケアをすることで肌トラブルを防ぐことができます。

 

 

乾燥で脱毛を断られないように、しっかりと保湿して肌の乾燥を防ぎましょう!

 

 

 

4.【薬】飲んだら脱毛NG

 

【薬】飲んだら脱毛NGに関して詳しく説明している画像

 

 

薬の影響で、光に過敏になったり肌トラブルになる可能性があります。

 

 

薬を飲むことで、脱毛の光に過敏に反応し、肌トラブルになる危険があるため、薬を服用していると脱毛ができません。もし、飲んだことを内緒にして施術を受け、肌トラブルになっても自己責任になってしまいます。

 

そして、市販薬の場合は脱毛前後3日、処方箋の場合、処方した医師にどれくらいの期間空ければよいのか確認しましょう。

 

 

 

 

 

サロンやクリニックの指示に従って、薬を服用しない期間を守りましょう♪

 


 

もし、生理痛で痛みがある場合、痛み止めも飲んではいけません。痛いくらい体調が悪い場合は、予約をキャンセルするようにしましょう。

 

薬を服用していると、副作用で光に過敏になり肌荒れのリスクがあります!

 

 

 

5.【予防接種】前後10日は脱毛NG

 

【予防接種】前後10日は脱毛NGに関して詳しく説明している画像

 

 

体調を崩しやすかったり、肌トラブルが起きやすくなります。

 

 

インフルエンザなどの予防接種を受けた後は、身体の中で抗体を作っている状態です。その状態で脱毛の光を当てると、脱毛の光に過敏に反応してしまい、肌トラブルになったり、体調を崩す可能性があります。

 

そのため、予防接種の前後7〜10日は脱毛することができません。

 

 

 

 

 

予防接種も薬と同じように、肌トラブルの危険があります!

 


 

そして、脱毛ができない期間は、サロンや医療クリニックによって期間が違うので、必ず確認するようにしましょう。

 

 

予防接種の前後7〜10日脱毛できないので注意しましょう!

 

 

 

6.当日【日焼け止めNG】脱毛効果が半減

 

【日焼け止めNG】脱毛効果が半減に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛効果が下がってしまいます。

 

 

脱毛前に、日焼け止め・制汗剤・油分が多いクリームを塗っていると、毛穴を塞いでしまい、脱毛の光が毛根まで届かず、脱毛効果が下がってしまいます。

 

また、顔脱毛をしている場合は、脱毛当日はファンデーションを薄めにし、脱毛前に落としやすいようにしておきましょう。(アイメイクは落とさなくて大丈夫なところがほとんどです)

 

 

 

 

 

これらは、脱毛当日には塗らないように気をつけましょう♪

 


 

 

脱毛当日『肌につけたらいけないモノ』

日焼け止めクリーム

香水

制汗剤

油分の多いクリーム

 

 

そして、アトピー・肌荒れなどで、塗り薬やステロイドを使っている場合も注意が必要です。なぜなら、脱毛効果が下がるだけはでなく、脱毛の光を肌が吸収しやくすなり火傷などの原因となってしまうからです。

 

かかりつけの医師やサロン・クリニックで、いつから塗り薬の使用を一時中止するか確認しましょう。

 

脱毛当日は、肌に何もつけない状態にしておきましょう!

 

 

 

7.【運動・飲酒・入浴】は脱毛前後NG

 

【運動・飲酒・入浴】は脱毛前後NGに関して詳しく説明している画像

 

 

代謝が上がる行為は、かゆみ・赤みの原因になります。

 

 

脱毛前後に、『飲酒・運動・入浴』などの代謝が上がる行為をすると、肌に熱がこもりやすくなり、いつも以上に激しいかゆみを感じたり、光の熱さを感じやすくなってしまいます。

 

そのため、脱毛後はシャワーで済ませ、入浴は控えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

代謝が上がるこのような行為はNGです!

 


 

代謝が上がるNG行為

温泉

運動

プール・海

サウナ

入浴

飲酒

 

 

また、脱毛後3〜7日は、細菌感染のリスクがあるので『プール・温泉・海』はいかないようにしましょう。いつもは大丈夫な事でも、炎症を起こしたり、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

 

脱毛前後は、代謝が上がる行為をしないようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 【どこがほんまに安い?】梅田でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

全身脱毛の値段が気になる!梅田で1番安いサロンはどこ?