【脱毛サロン契約】申し込む前に必ず確認したい5つの注意点

全身脱毛梅田

脱毛サロンに申し込む前に必ず確認すべき5つの注意点

 

脱毛サロンに申し込む前に必ず確認すべき5つの注意点に関する画像

 

1.脱毛サロンの契約前に注意したい総額など5つのポイント

 

脱毛エステサロンで無料カウンセリングや体験脱毛を受けて『さあ契約!』と勢いよく契約書にサインしてしまうと、通いはじめてから『こんなハズじゃなかった』と後悔してしまうかもしれません。

 

そんなことがないように、ここでは脱毛サロンの契約前に注意したい5つのポイントを詳しく説明します。そして、『申し込んじゃったけどやっぱり解約したい』という人のために、無償で解約できる何か良い方法がないかも見ていきましょう。

 

契約前の注意点や契約後の解約について見ていきましょう!

 

 

 

1-1.月額制の料金は必ず『総額』を確認

 

 

月額制の料金は必ず『総額』を確認に関する画像

 

 

月額制の料金だけでは脱毛効果が出るまでなどの総額がわかりません。

 

最近では月額制のサロンも多くなってきましたが、月額料金の安さだけを見て申し込むのはやめましょう。なぜなら、月額制は脱毛を続けた分だけ料金を支払っていくので、総額でいくらかかるのかがわかりにくいからです。

 

そのため、月額制サロンでは、

 

『脱毛効果が出るまでに何ヶ月通うのか?』
『脱毛完了までには何ヶ月通うのか?』

 

など、自分がどのくらい脱毛したいかによって必要な期間を聞いたうえで、総額がいくらかかるかを申し込む前に確認しましょう。

 

月額制サロンでは通う期間を質問して総額を確認しましょう!

 

 

(参考)
脱毛サロンはなんでこんなに料金が安いの?その理由とは?

 

 

 

1-2.脱毛以外で料金のかかるものがあるか確認

 

 

脱毛以外で料金のかかるものがあるか確認に関する画像

 

 

脱毛サロンによってはケア代などがかかるところもあります。

 

サロンでは脱毛以外にもお金がかかることがあり、

 

・脱毛後の肌荒れなどを防ぐための『ケア代』
・剃り残しがあった場合の『シェービング代』
・急に行けなくなったときの『キャンセル料』

 

これらの3つにお金がかかることが多いので必ず確認しましょう。

 

そして、『キャンセル料なし』となっているサロンでも、当日キャンセルなどで『脱毛1回分が消化される』というペナルティが発生する場合もあります。このペナルティがあると通っていないのに脱毛1回分を受けたことになり、1回分の料金が無駄になってしまいます。

 

キャンセルに関するペナルティは特にしっかりと確認しておきましょう!

 

 

 

1-3.回数制コースでは有効期限を確認

 

 

契約期限をチェックに関する画像

 

 

6回コースなどでは有効期限が2年などと決められている場合がほとんどです。

 

回数制6回コースなどでは申し込む前にコースの有効期限をチェックしておく必要があります。なぜなら期限が過ぎてしまうと、たとえ契約回数がまだ残っていたとしても脱毛してもらえないからです。

 

また、そのような場合には残っていた脱毛回数の料金を返金してもらうこともできません。つまり、期限切れになると脱毛ができないばかりか、通っていない分の料金がまるまる無駄になってしまうんです。

 

期限内に無理なく通えるか考えてから申し込みましょう!

 

 

 

1-4.解約や返金の条件を確認

 

 

解約や返金の条件を確認に関する画像

 

 

解約手数料や返金手数料がかからないか確認しましょう。

 

脱毛には時間がかかるため、仕事などやむを得ない理由で通えなくなってしまうことがあるかもしれません。そうしたことを考えて、あらかじめ解約や返金の条件を確認しておくことが大切です。

 

なぜなら、脱毛サロンによっては解約手数料などがかかってしまうところがあるからです。

 

また、脱毛回数が残っている場合には返金してもらうこともできますが、脱毛サロンによっては返金手数料がかかってしまいます。そのため、残っている回数分の料金が全額戻ってこない場合もあります。

 

解約で損をしないように返金の手数料などには注意しましょう!

 

 

 

1-5.休会制度があるかを確認

 

 

休会制度があるかを確認に関する画像

 

 

妊娠中は脱毛できないサロンがほとんどなので休会制度があるかは重要です。

 

妊娠中の脱毛はお腹の中のあかちゃんに悪影響があっては困るので、脱毛できないサロンがほとんどです。しかし、もし休会制度のないサロンに通ってしまうと、妊娠中にコースの有効期限が切れてしまう場合もあります。

 

また、仕事や病気などで長い期間通えなくなるかもしれないので休会制度はとても重要です。なお、転勤の場合にはほとんどの大手サロンには『店舗移動』というサービスがあり、全国各地の店舗に通えるため引っ越し先の近くに店舗があれば休会の必要はありません。

 

妊娠などで期限切れとならないよう休会制度があるか確認しましょう!

 

 

 

2.脱毛前に解約したいときは?

 

脱毛前に解約したいときは?に関する画像

 

 

2-1.無償で解約できる方法はないの?

 

 

条件を満たせばクーリングオフという制度を利用できます。

 

脱毛契約を申し込んだ後に、『やっぱり解約したい』と思った場合に何か良い方法はないのでしょうか?

 

実は、そのような場合には『クーリングオフ』という制度を使って無償で解約できるかもしれないんです。

 

ただし、クーリングオフにも条件があって、

 

・まだ脱毛していない
・契約の総額が50,000円以上
・契約期間が1ヶ月以上
・契約書の日付から8日以内

 

これらの4点を全て満たしていなければなりません。

 

クーリングオフの条件を全て満たせば無償で解約することができます!

 

 

 

2-2.クーリングオフの方法を確認

 

 

クーリングオフの方法をチェックに関する画像

 

 

クーリングオフは通常ハガキなどを使って解約の意思をサロン側へ伝えます。

 

クーリングオフの条件を満たしていたら、今度はクーリングオフの方法を確認していきます。通常クーリングオフは以下のようにハガキなどを使って解約の意思をサロン側へ伝えます。

 

クーリングオフの方法をチェックに関して詳しく説明している画像

 

(参考)クーリング・オフって何?(見守り情報)_国民生活センター

 

 

そして、ハガキなどを相手が受け取ったことがわかるよう、『特定記録郵便』か『簡易書留』で郵送するようにしましょう。そうすれば、『まだハガキなどを受け取っていない』などの理由からクーリングオフを受け付けてもらえないという心配はありません。

 

また、ハガキなどを送った段階で消印の日付が契約書の日付から8日以内であれば、脱毛サロンが受け取ったときにクーリングオフの期限を過ぎていても問題ありません。

 

クーリングオフは必ず記録が残る方法で郵送しましょう!

 

 

 

2-3.クーリングオフの期限が過ぎていた場合は?

 

 

クーリングオフの期限が過ぎていた場合は?に関する画像

 

 

1回も脱毛していなければ特定商取引法という法律によって解約できます。

 

クーリングオフを行う場合には『契約書の日付から8日以内』と定められていましたが、期限を過ぎてしまった場合にも解約できる方法があります。

 

その方法とは、『特定商取引法における中途解約』と呼ばれる方法で、1回も脱毛していないことが条件になります。(脱毛後はサロンごとに決められた条件で解約します。)

 

ただし、この特定商取引法における中途解約でクーリングオフと違って無償で解約できるわけではありません。特定商取引法による中途解約では手数料として返金額の10%(ただし最大20,000円まで)をサロン側へ支払わないといけません。

 

特定商取引法による中途解約には手数料がかかるので注意しましょう!

 

 

【特定商取引法の返金例】

 

※総額300,000円の全身脱毛コースを1回も脱毛しないで解約

 

・返金に10%の手数料がかかる
・300,000円の10%は30,000円
・ただし手数料の上限は20,000円まで
・この場合280,000円が返金される

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 【どこがほんまに安い?】梅田でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

梅田で全身脱毛するなら?料金の安さなどからおすすめサロンをご紹介!