妊婦さんは脱毛をしてもいいの?

全身脱毛梅田

妊婦さんは脱毛をしてもいいの?

 

妊婦さんは脱毛をしてもいいの?に関する画像

 

1.妊婦さんが脱毛ができない3つの理由

 

1-1.脱毛効果がほとんどない

 

 

妊娠中はホルモンの影響で脱毛効果がほとんどありません。

 

妊娠中にはホルモンバランスが崩れ、ムダ毛の成長はホルモンの影響を多く受けるので、脱毛をしたとしてもホルモンの影響でまた同じ毛穴から毛が生えてくることもあるので脱毛効果が期待できない可能性があります。

 

せっかく脱毛をしたと思っても出産後に同じところから毛が生えてしまえば、妊娠中にした脱毛が意味ありませんし支払ったお金が無駄になってしまいます。

 

妊娠中はホルモンの影響で脱毛効果がそこまで期待できません!

 

 

 

1-2.肌トラブルが起きやすい

 

 

肌トラブルが起きやすいに関する画像

 

 

妊娠中は肌トラブルが起きやすい傾向にあります。

 

妊娠中はホルモンのバランスが崩れ赤ちゃんがいることによるストレスや悩みなど抱えているお母さんが多いので、脱毛をすることによってストレスよるかゆみや赤みが全然ひかないケースがあります。

 

特に、妊娠が初めての場合にはつわりがひどかったり疲れやすかったりと、脱毛をして肌トラブルが起きやすい状況が揃っているので普段生活していても注意が必要なんです。

 

妊娠中は肌トラブルが起きやすいので注意が必要になってきます!

 

 

(参考)
生理中でもキャンセルせずに通える全身脱毛サロンは?

 

 

 

1-3.万が一の対応ができない

 

 

万が一の対応ができないに関する画像

 

 

脱毛サロンでは万が一のトラブルに対応をすることができません。

 

妊婦さんは病気ではないのですが、脱毛の痛みにより陣痛を誘発してしまったり、母胎に大きなストレスを与えてしまう可能性があるので脱毛サロンでは妊婦の脱毛は禁止しています。

 

脱毛が胎児に与える影響はないと言われているのですが、脱毛サロンでは病院と提携していますが直接医者が監督して脱毛をしているわけではないので即座の対応はできません。

 

そのため、いざという対応ができないために妊婦さんの脱毛はできないんです!

 

 

 

2.脱毛の胎児への影響は?

 

脱毛の胎児への影響は?に関する画像

 

 

2-1.脱毛は胎児への影響はありません

 

 

脱毛をしたからと言って胎児へ何らかの影響があるわけではありません。

 

妊娠に気づいていないで脱毛をしてしまった場合に心配になりますよね?しかし、妊婦さんがレントゲンの放射線を受けるのとは違い、脱毛の影響で胎児の発育に影響があるということはないのが一般的なので安心してください。

 

脱毛のレーザーというのは可視光線といい、レントゲンのX線などの不可視光線のように体内まで影響を及ぼすものではないので妊娠が分かった段階でやめれば大丈夫です。

 

脱毛が直接的に胎児に影響を与えるものではありません!

 

 

 

2-2.妊娠がわかったらすぐに連絡を

 

 

妊娠がわかったらすぐに連絡をに関する画像

 

 

妊娠がわかったら脱毛サロンにすぐに連絡をしましょう。

 

脱毛サロンには妊娠が分かった場合にはすぐに連絡をしてその後の対応をしましょう。契約をする前に妊娠をして解約や休止をする場合には手数料などの問題を事前に聞いておくといいでしょう。

 

脱毛サロンによっては解約のための手数料を取られてしまったり、脱毛を休止にすることができなかったりとトラブルが発生しやすいので契約をする前に解約や休止についての事項を聞いておきましょう。

 

妊娠が分かった段階で脱毛サロンにしっかりと連絡を入れるようにしましょう!

 

 

 

2-3.脱毛再開はいつから?

 

 

脱毛再開はいつから?に関する画像

 

 

生理周期がもとにもどったら脱毛を再開できます。

 

ほとんどの脱毛サロンでは出産後に生理が戻り、生理周期が安定したら脱毛を再開することができます。しかし、脱毛が再開になってもワキや胸などはしばらく脱毛をお休みする必要があります。

 

なぜなら、ワキの下や胸には母乳を作る乳腺と言う器官があり、脱毛によって母乳に万が一でも悪影響が出ないようにするためです。そのため、ワキや胸は授乳期間が終わってから改めて脱毛が再開されます。

 

出産後もワキや胸は授乳期間が終わるまで脱毛できません!

 

 

 

3.妊婦のムダ毛処理はどうしたらいい?

 

妊婦のムダ毛処理はどうしたらいい?に関する画像

 

 

3-1.カミソリでの処理はどう?

 

 

カミソリでの処理は実は肌への影響があるムダ毛処理方法です。

 

多くの方がカミソリを使っているのでカミソリでムダ毛の処理をしてしまいがちですが、肌の角質を削りながらムダ毛を剃っていく方法ですので剃り方を間違えるとかゆみや肌荒れの原因になりますので注意が必要になります。

 

そのため、カミソリでムダ毛を剃るときには、

 

@ お風呂に入って皮膚を柔らかくする
A 泡を処理部分につけて剃る
B 化粧水や乳液でしっかりと保湿する

 

といったように、皮膚に負担をかけない方法でカミソリでムダ毛の処理をすると肌トラブルがあまりなくムダ毛の処理ができます。その他にも安全な処理方法として電気シェーバーがあります。

 

カミソリでのムダ毛処理は方法を間違えないようにしましょう!

 

 

 

3-2.その他の方法で自己処理はしない

 

 

その他の方法で自己処理はしないに関する画像

 

 

カミソリ、シェーバー以外でムダ毛の処理はしないようにしましょう。

 

カミソリやシェーバー以外の自己処理の方法として『ブラジリアンワックス』、『除毛剤』、『毛抜き』での自己処理がありますが、この3つの方法は肌をかなり痛める方法になるので妊娠中はこの3つの方法でムダ毛の処理をするのはやめましょう。

 

ブラジリアンワックスは激しい痛みを伴いますし、除毛剤は薬剤で毛を溶かすのでかゆみや赤みの大きな原因になります。さらに、毛抜きは一番肌を痛めるムダ毛処理方法なのでやめておきましょう。

 

ムダ毛の処理はカミソリ・シェーバー以外は利用しないようにしましょう!

 

 

(参考)
脱毛クリームの効果はどのくらいあるの?そのメリット・デメリット

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 梅田の全身脱毛おすすめランキング公開中

 

妊娠中は脱毛できないから妊娠前にどれだけ脱毛できるかが重要。ただ今脱毛効果が高く短期間で脱毛できる梅田の人気サロンを公開中。