埋没毛ができる原因は?その治し方、できないようにするためには?

全身脱毛梅田

埋没毛ができる原因は?その治し方、できないようにするためには?

 

埋没毛ができる原因は?その治し方、できないようにするためには?に関して詳しく説明している画像

 

1.埋没毛ができてしまう原因は?

 

1-1.埋没毛とは?

 

 

埋没毛とは、毛穴が無い皮膚内でムダ毛が育ってしまった状態の事を指します。

 

埋没毛ができる原因はいくつかあるのですが、本来毛穴から出てくるべき毛が

 

・傷などで毛穴が閉じてしまった
・皮膚が厚くなってしまった
・毛が途中で切れてしまった

 

などの影響で正しく毛穴からでることができず皮膚の中で成長してしまうという現象が起きてしまいます。出来たといっても、すぐには肌に重大な疾患をもたらすわけではありません。放置しておくと自然に分解されるか、排泄されているかのどちらかになります。

 

しかし、しっかりと分解されず、色素沈着の原因になったり、炎症や肌荒れなどの原因にもなることもあり得るので、その治し方や埋没毛ができないようにするためにはどうしたらいいのかをご紹介していきます。

 

 

 

1-2.カミソリなどの自己処理で皮膚が厚くなる

 

 

カミソリ負けなどで傷がつくと皮膚が厚くなって埋没毛になりやすくなります。

 

カミソリやシェーバーは比較的肌にダメージを与えない自己処理の方法なのですが、間違った方法で処理をしてしまったり頻繁にカミソリ負けをしていると皮膚が厚くなり毛が毛穴から出られなくなるため埋没毛になりやすいんです。

 

特にカミソリでしっかり剃ろうと逆剃りをしてしまう人は要注意で、逆剃りはムダ毛をしっかりと剃れる反面、肌にもカミソリの刃が強く当たって肌を傷つけやすくなってしまいます。そのため、肌が硬くなったり厚くなりやすいんです。

 

間違ったカミソリなどの自己処理は埋没毛になるリスクが増えます!

 

 

 

1-3.毛抜きでの自己処理は肌にかなりのダメージ

 

 

毛抜きは肌にダメージを与えるので肌が厚くなり埋没毛になりやすいです。

 

毛抜きはすごく簡単にムダ毛の処理ができるので使っている人も多いのですが、毛穴より太い毛根を毛抜きで引っ張り抜くため皮膚にかなりのダメージを与えますし、途中で切れればそれも埋没毛の原因になります。

 

埋没毛は色々な原因で起こるのですが、毛抜きでのムダ毛の処理が一番埋没毛になりやすい自己処理になるので毛抜きでムダ毛を抜くのは避けた方が良いんです。

 

毛抜きでの自己処理は埋没毛につながる可能性大です!

 

 

 

2.埋没毛の治し方は?

 

埋没毛の治し方は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.最悪なのはほじくってしまうこと

 

 

埋没毛の治し方で最悪なのはほじくってしまうことです。

 

埋没毛ができると気になってしまったり、炎症が起きてしまったりして取りたくなる衝動はわかりますが、だからと言って埋没毛をほじくって取ってしまえば傷が残りますし、シミや毛穴が大きくなる原因にもつながります。

 

私も実際に頬に埋没毛ができてしまった時にほじくってしまい跡が残ってしまった経験があるので、埋没毛でほじくっても跡がシミとなって残るだけなので絶対にやめておいた方が良いんです。

 

埋没毛の最悪な治し方はほじくってしまうことです!

 

 

 

2-2.古い角質を取ってあげること

 

 

スクラブなどで古い角質を取ることで取れるケースもあります。

 

埋没毛ができ始めた位であればスクラブなどで古い角質をとって肌を柔らかくすることで、埋没毛が柔らかくなった毛穴から出やすくなるので埋没毛初期の段階であれば古い角質を取る方法は効果的です。

 

しかし、これは埋没毛が本当に初期の段階でほとんど毛が伸びていないときにだけ使える方法なので、毛が伸びて炎症が起きている状態では使えないので注意が必要です。

 

埋没毛初期であれば古い角質を取ることで埋没毛を解消できます!

 

 

 

2-3.長くなったら皮膚科へ

 

 

長くなって炎症が起きてしまったら皮膚科に行きましょう。

 

長くなって炎症が起きてしまったら自分で対処することはできなくなってしまうので、皮膚科へ行って埋没毛を取ってもらう必要が出てきます。埋没毛は基本的に自分で処理ができないので予防がとても大事になるんです。

 

長くなって炎症が起きてしまう前に自分で取ってしまう人もいるのですが、かなり傷が残ってしまうのでひどくなる前に皮膚科へ行って埋没毛は取ってもらうしかありません。

 

最終手段は皮膚科で埋没毛を処理してもらう必要があります!

 

 

(参考)
レーザー脱毛の効果・料金・デメリットは?

 

 

 

3.埋没毛を予防するためには?

 

3-1.正しい自己処理方法を

 

 

正しい自己処理方法をに関して詳しく説明している画像

 

 

埋没毛の予防には正しい自己処理の方法をする必要があります。

 

カミソリやシェーバーでムダ毛の処理をするときには、

 

@ お風呂などで皮膚を柔らかくする
A 乳液などを塗ってから毛を剃る
B 自己処理後の保湿をしっかりと

 

この方法でムダ毛の処理を行えば肌のトラブルも少ないですし、皮膚が厚くなることもありません。しかし、毛抜きでの処理はこの順序でやってもかなりのダメージになってしまうので注意が必要です。

 

埋没毛にならないためには正しいムダ毛処理をしてください!

 

 

(参考)
脱毛クリームの効果はどのくらいあるの?そのメリット・デメリット

 

 

 

3-2.脱毛をしてしまう

 

 

脱毛をしてしまうに関して詳しく説明している画像

 

 

埋没毛を作らないためには脱毛をしてしまうのが一番です。

 

どんなに注意しながら自己処理を行っても自己処理を繰り返すうちに肌がダメージを負っていくため、皮膚は厚くなってしまい埋没毛ができる可能性は0ではありません。そのため、埋没毛を作らないためには脱毛をして自己処理をする必要がないようにするのが一番です。

 

そして、最近では『ワキ脱毛500円』など驚くような安さで通えるサロンも増えてきました。みなさんも肌を傷つけず、埋没毛ができないうちに脱毛サロンに通ってみてはどうですか?

 

埋没毛を作らないためにも脱毛サロンに通うのがおすすめです!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 【どこがほんまに安い?】梅田でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

全身脱毛をしたいけどどこですれば良いのかわからない。。。そんな方に最新の人気全身脱毛サロンをご紹介していきます。