【脱毛前の注意点】特に気をつけたい7つのポイントを解説

全身脱毛梅田

脱毛前の自己処理や運動、飲酒には注意?

 

脱毛前の自己処理や運動、飲酒には注意?に関する画像

 

1.脱毛の前に気をつけたい7つの注意点

 

脱毛は予約さえ取ればいつでもできると思っている人がいるかもしれませんが、脱毛サロンや医療クリニックでは脱毛効果を高めるためはもちろん、脱毛によって肌荒れなどのトラブルが起こらないよう、脱毛前に注意したり守らなきゃいけないことがあるんです。

 

そこで、ここでは脱毛前に気をつけたい7つの注意点を紹介します。

 

また、特に肌トラブルが起こってしまうと、肌の状態がもとに戻るまで脱毛をお休みしなければなりません。そのため、脱毛を安全に行うことはもちろん、脱毛期間をできるだけ短くするためにも、ぜひこれから挙げる7つの注意点をしっかり守るようにしましょう。

 

7つの注意点を守って安全に脱毛を行いましょう!

 

 

 

1-1.日焼けをしないように注意

 

 

日焼けをしないように注意に関する画像

 

 

日焼けした部分を脱毛すると火傷をする可能性があります。

 

脱毛器から照射される光は黒いものに反応しやすく、日焼けして黒くなった肌だと脱毛器の光を吸収しすぎてしまい肌に大きな負担がかかります。さらに、日焼けした直後に脱毛すると最悪の場合は火傷を負ってしまう危険性があります。

 

そのため、脱毛サロンや医療クリニックでは日焼けして黒くなった肌だと脱毛ができません。そうしたことからも、脱毛中は日焼け止めを塗るなど紫外線から肌を守ることが大切で、外に長時間いることはできるだけ避けましょう。

 

日焼け対策をしっかり行い脱毛前に海やプールに行くのはやめましょう!

 

 

 

1-2.保湿ケアを忘れないように注意

 

 

保湿ケアを忘れないように注意に関する画像

 

 

肌が乾燥した状態だと脱毛によって肌荒れがひどくなることがあります。

 

乾燥した肌は潤いとともに肌のバリア機能も失われた状態で、脱毛による刺激を受けやすくなっています。そのため、肌が乾燥した状態で脱毛を行うと肌荒れがひどくなったリ、最悪の場合には火傷をしたような状態になってしまいます。

 

このような肌トラブルが起きないよう、脱毛前には保湿ケアをしっかりと行っておく必要があります。また、冬場など肌が乾燥していて肌荒れが気になるときは脱毛による肌トラブルが起きやすいので、無理をせず脱毛をお休みするようにしてください。

 

しっかりと保湿して肌の乾燥がひどいときには脱毛をお休みしましょう!

 

 

 

1-3.自己処理の方法に注意

 

 

自己処理の方法に注意に関する画像

 

 

肌を傷つけやすいカミソリや毛抜きでの自己処理はやめましょう。

 

ムダ毛が伸びた状態で脱毛を行っても脱毛器からの光がムダ毛の毛根まで届きにくく、脱毛効果が下がってしまいます。そのため、脱毛前日や2、3日前には自己処理を行っておく必要があります。

 

しかし、誤った自己処理の方法だと肌を傷つけてしまい、傷ついた肌では脱毛を断られてしまうこともあります。

 

そのため、脱毛前には以下のようなことに注意してください。

 

【 カミソリではなく電動シェーバーを使う 】

 

カミソリの刃で肌を傷つけてしまうと、その傷ついた部分や肌が赤くなっている部分の脱毛を断られてしまうことがあります。そのため、脱毛前の自己処理には肌に優しい顔用の電動シェーバーを使うのがおすすめです。

 

【 毛抜きやブラジリアンワックスは厳禁 】

 

脱毛器の光は毛根に向かって照射するので、毛抜きやブラジリアンワックスでムダ毛を毛根ごと抜いてしまうと脱毛効果が無くなってしまいます。

 

また、毛抜きやブラジリアンワックスはムダ毛を抜くと同時に肌も強く引っ張られるので、肌に大きな負担をかけてしまいます。そのため、肌荒れが起きやすく、肌が赤く腫れてしまっていると脱毛を断られてしまします。

 

脱毛前の自己処理は肌に優しい電動シェーバーを使って行いましょう!

 

 

(参考)
ブラジリアンワックスのメリットと注意やデメリット

 

 

 

1-4.汗をかいたり飲酒しないように注意

 

 

汗をかいたり飲酒しないように注意に関する画像

 

 

脱毛効果が下がったり脱毛による肌トラブルが起きやすくなります。

 

脱毛前に汗をかくと汗に含まれている成分や皮脂、肌の老廃物が毛穴に詰まり、脱毛器の光が毛根まで届きにくくなるので脱毛効果が下がってしまいます。

 

そのため、脱毛前には汗をかきやすい、

 

・激しい運動
・長時間のお風呂
・岩盤浴やサウナ

 

これらのことは行わず、汗をかいた場合にはシャワーだけにしておきましょう。

 

また、飲酒にも注意が必要で、お酒に含まれているアルコールの働きによって血行がよくなり体温が上がるので汗をかきやすくなります。そのため、脱毛前の12時間はお酒を飲むのを禁止しているサロンや医療クリニックがあります。

 

さらに、脱毛器から照射される光によって脱毛後は体がほてった状態になります。しかし、脱毛前に運動や飲酒で体温が高くなっていると脱毛による熱が体の外に逃げられず、皮膚の水分を奪われ肌荒れや乾燥などの原因となります。

 

脱毛前には激しい運動や飲酒をしないように注意しましょう!

 

 

 

1-5.日焼け止めなどを塗ったまま脱毛しないように注意

 

 

日焼け止めなどを塗ったまま脱毛しないように注意に関する画像

 

 

脱毛効果が下がったり脱毛による肌トラブルが起きやすくなります。

 

脱毛前には肌に何もつけていない状態にしておく必要があり、日焼け止めなどが毛穴に詰まっていると、脱毛器の光が毛根まで届かず脱毛効果が下がってしまいます。

 

そのため、脱毛前には日焼け止め以外にも、

 

・制汗剤や制汗スプレー
・お化粧や香水
・保湿クリーム

 

これらが脱毛する部についているのは厳禁で、例えば顔脱毛を行う場合にはサロンなどに着いたらメイク落としなどでお化粧をしっかりと落としておく必要があります。

 

なお、アトピー皮膚炎などで塗り薬を使っている人も注意が必要です。なぜなら、脱毛効果が下がるだけはでなく、脱毛器からの光を肌が吸収しやくすなり火傷などの原因となるからで、塗り薬の種類によっては脱毛を断られることもあります。

 

トラブル回避のためにも薬を塗っている場合には必ず伝えましょう!

 

 

(参考)
アトピーの人でも脱毛できる?

 

 

 

1-6.生理中や妊娠中の脱毛に注意

 

 

生理中や体調が悪いときの脱毛に注意に関する画像

 

 

肌が脱毛の刺激を受けやすく肌トラブルの原因となります。

 

生理中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感になっているので脱毛による刺激を受けやすくなっています。そのため、肌荒れなどのトラブルが起きやすく、生理中で体調の悪いときには無理をせず脱毛をお休みするようにしましょう。

 

また、生理中や体調が悪いときだけでなく、妊娠中も脱毛することはできません。なぜなら、お腹の中のあかちゃんに万が一でも悪影響が出ないようにするためで、脱毛に通っている間に妊娠がわかったらすぐに脱毛をお休みしてください。

 

健康や安全を第一に考え生理中や妊娠中は脱毛をお休みしましょう!

 

 

(参考)
生理と予約が重なったときの全身脱毛サロンごとの対応を比較
妊婦さんは脱毛をしてもいいの?

 

 

 

1-7.予防接種を受けてすぐの脱毛はしないように注意

 

 

予防接種を受けてすぐの脱毛はしないように注意に関する画像

 

 

体調を崩しやすかったり肌トラブルが起きやすくなります。

 

予防接種を行うときには事前に体温計で熱を計りますよね?

 

実は予防接種では風邪などで体温が高いと効果が出なかったり、体調を崩しやすくなります。そして、脱毛後も体がほてって熱があるのと同じ状態になるので、予防接種を受けてすぐの脱毛はできません。

 

なお、脱毛ができない期間はサロンや医療クリニックによって7日〜14日と違いがあります。そのため、予防接種を受ける場合には脱毛ができない期間がどれくらいになるのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

予防接種の後は10日以上脱毛できないことがあるので注意しましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 【どこがほんまに安い?】梅田でおすすめの全身脱毛サロン特集

 

全身脱毛の値段が気になる!梅田で1番安いサロンはどこ?